Send us your question/enquiry

Email us at : contact@lpcsjyc.org

日中青年会議について

​日中青年会議とは

日中青年会議とは、UWC香港校にて主催開催される、7日間のサマープログラムです。会議には日本、中国、そして香港の三地域から集められた中高生が参加します。様々なアクティビティーやセッションを通して、未来を担う若者が日中間に存在する問題や歴史的背景を見つめ直し、考え、話し合います。

自発的学習、文化交流、地域交流、の3つの概念に焦点をおき、参加者がお互いから学び、将来に向けた夢を共有できることを目指しています。

​会議の目的

日中青年会議は、UWCの理念である国際理解を通して、相互尊重の上に成り立つ建設的な未来を創造できる日中の親善大使を育成することを目的として設立されました。

1. 若者の、日中関係とそれぞれの文化に対する理解を促す。

2.自分たちの持つ「知識」がどこから来ているのかを分析することによって、批判的思考の大切さを参加者に伝える。

3.異なる意見を持つ同年代の仲間と議論をする機会を提供することによって柔軟な思考の大切さを参加者に理解してもらう。

4.建設的な未来を作るに当たって、対話の重要性を考える場を提供する。

5.日中の若者にユース・イニシァチブと奉仕活動を通し、中国、香港、日本、それぞれの社会に貢献できる能力をつける。

6.日中の親善大使にユナイテッド・ワールド・カレッジの国際性豊かな校風を体験する機会を提供する。

​会議の成り立ち

日中青年会議は2009年に古川知志雄がUWC香港校(LPC)在籍中に設立したプログラムです。中国本土と日本の両国から文化的影響を強く受けている香港に立地する香港校では、中国人と日本人の高校生が寝食をともにしながら、お互いの問題についても話し合う機会が多くあります。また、学校全体としての日中問題に対する関心も高く、例年日中関係の問題に関するGlobal Issue Forum(地球規模的な問題フォーラム)が開かれています。かつて政冷経熱と言われた日中間の信頼基盤の弱さを克服するというゴールを共有した高校生有志によって、本会議は始まりました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now